BLOG

マルタ法人の口座開設

2019/10/03
ロゴ

マルタは、正式名称をマルタ共和国と言って、イタリアの南に位置する共和制国家でEU加盟国でもあり、ヨーロッパ各国や中東諸国、北アフリカにも近いため、これらの地域へのビジネス進出を希望する日系企業には魅力的な国であります。

公用語は、マルタ語と英語、通貨はユーロ、首都はバレッタです。

 

法人設立は、設立の申請をしてから3週間後くらいで完了し、毎年の申告を法人設立日の42日前までに行う必要があります。法人税率は、業種に関係なく一律35%と高めですが、独自の還付制度により、通常の法人であれば、納付額の6/7が還付されるといわれ、実際の法人税率は5%、あるいはそれ以下とも言われております。

 

当事務所では、今年度の価格として、マルタ法人の設立を82万円、法人口座開設を36万円でお受けしております。法人口座は、アメリカのミネソタ州にあるAgri Bankで、現地への渡航なし※で銀行へ申請してから2~3週間(目安)で開設可能です。

※ 稀に銀行の窓口に来るように言われることもあえうので、絶対ではありません。

 

法人口座の開設には、添付書類として事業計画書が必須ですが、別料金となりますが、専門業者に作成代行を依頼することも可能です。ただし、完全な丸投げは不可能で、事業の骨子については、お客様から事前に教えていただく必要があります。ですので、ノープランの法人設立は厳しいと思います。なお、事業計画書の作成代行手数料は、1社1口座につき、12万円かかります。